スポンサーリンク
製薬企業分析

【ざっくり解説】主要国内製薬の2022年3月期決算と各社最新ニュース動向

こんにちは。ティーダです。 先日の2022年4月25日から5月13日で、「主要内資製薬会社の決算」が出そろいましたね 今回も各社の決算内容をざっくりまとめた上で、各社の注目トピックを厳選して紹介していきます! 各社の決...
製薬企業分析

【製薬業界の全員が読むべき良書】「コロナと創薬 なぜ日本の製薬企業は出遅れたのか」を紹介

こんにちは、ティーダです。 今回は、先日2022年4月28日に発売された『コロナと創薬 なぜ日本の製薬企業は出遅れたのか』という良書を紹介します。 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffi...
製薬企業分析

【ちゃんと認識してる?】製薬企業研究者とアカデミア研究者の違い3選

こんにちは、ティーダです。 皆さん当然ですが、アカデミア研究員と企業研究員の違いって何だと思いますか? 企業研究員の皆さん全員が一度は大学のラボを経験してから入社していると思います。 しかし、企業で研究する上できちんとア...
製薬研究職の就活

【悩んだときはこれで決めろ!】入社する製薬会社を決める判断基準8選

こんにちは、ティーダです。 突然ですが、製薬企業研究員の皆さん!今入社した会社って最終的にどう決めました? 人それぞれ理由はあるとは思いますが、最終的には何か1, 2つの大きな理由から今の会社を決めたのではないでしょうか? ...
バイオベンチャー分析

【細胞医薬/再生医療のシン・プラットフォーマー】ヘリオス社の強みと将来性を徹底解説

こんにちはティーダです。 今回は、細胞を用いた再生医療に注力するバイオベンチャー「ヘリオス社」について、現状と将来性を徹底解説していきます! 同社は、iPS細胞を活用した細胞療法/再生医療に注力するバイオベンチャーで、他社・ア...
ブログの軌跡

【ブログ3、4ヶ月目の記録】PV数推移、収益を公開

こんにちは、ティーダです。 しばらく投稿していなかったですが、2ヶ月ぶりに当ブログの軌跡についてまとめて紹介します。 皆様への感謝と自身の分析のために書いております。 これからも当ブログをよろしくお願い致します。 ...
バイオベンチャー分析

【革新的技術で世界注目の企業へ】JCRファーマのR&D説明会を徹底解説

こんにちは、ティーダです。 今回は、2022年3月30日に行われた「JCRファーマのR&Dミーティング」について個人的な見解も含めて解説していきます。 JCRファーマがR&Dミーティングという形で技術や開発品に...
バイオベンチャー分析

【がん免疫トップベンチャー】ブライトパスバイオの強みと将来性を徹底解説

こんにちは、ティーダです。 今回は、がん免疫に注力した創薬を展開する「ブライトパス・バイオ社」について、現状と将来性を徹底的に解説します! 同社は、国内のバイオベンチャーの中では最もがん免疫領域に注力し、複数のパイプラインを持...
製薬研究職の就活

【独自アピールで内定を勝ち取れ】体育会出身理系大学生の研究職への就活術

こんにちは、ティーダです。 実は、私は7歳から24歳までずっとバスケットボールをやっていました。 大学でも体育会の部活に入り、七大戦も出場していましたし、4年生では主将を務めていました。 そんなバリバリ体育会系の私が、製...
製薬企業分析

【認知症領域の世界トップへ】エーザイの事業説明会を徹底解析

こんにちは、ティーダです。 今回は、2022年3月16日に行われたエーザイの事業説明会について、個人的な見解も含めて解説していきます。 特に、最近アデュカヌマブについて様々なニュースがあります。 そこで、現状を整理するこ...
バイオインフォ入門

【初心者の疑問を完全解決!】バイオインフォマティクスを始める時によくある質問10選

こんにちは。ティーダです。 バイオインフォマティクスって最近流行ってるけど、正直最初の一歩が踏み出しにくいですよね? そこで、今回は私自身がバイオインフォを始める前に持っていた疑問について、全て解決していきたいと思います。 ...
バイオベンチャー分析

【ガンゲノム創薬の先駆け】オンコセラピーサイエンスの強みと将来性を徹底解説

こんにちは、ティーダです。 バイオベンチャー紹介企画の第5弾となる今回は、ガンゲノム創薬企業として「オンコセラピー・サイエンス社」について徹底解説します。 オンコセラピー社はガン遺伝子解析を起点に独自のガン治療薬を創製するベン...
バイオベンチャー分析

【AI特許数世界4位がヘルスケアに参戦】NECのAI創薬事業を徹底解説

こんにちは、ティーダです。 突然ですが、最近、AIを売りにして創薬事業に参入しているベンチャーって多いですよね? そんな中、実は、AI特許出願数世界4位の大企業が創薬事業に参入しています!! その企業こそがNECです! ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました